CSR基本方針

CSR基本理念

宮崎トヨペット株式会社は、法令と業界協定等の精神を尊重し、
これらを遵守することを第一としつつ、利害関係者に対する有益な事業活動に努めます。
これにより、社会からのより高い信頼を獲得するとともに、 健全な社会の発展に寄与することを目指します。
この基本理念を実現するため、当社CSR基本方針を以下のとおりといたします。

CSR基本方針

1.法令等の順守

(1)事業活動に関わる法令等を認識し、それらに適合する業務手順を定めます。
(2)従業員に対してコンプライアンス意識の向上と適正な業務遂行のための教育を計画的に実施します。
(3)業務の適法性を定期的に確認するとともに、継続的な業務改善に努めます。

2.各利害関係者への約束

当社の各利害関係者に対して適用される法令を遵守するとともに、
利害関係者の権利と人格を尊重し、相互の信頼の維持及び向上に努めます。

〔お客様〕
(1)「お客様第一主義」を旨として、お客様に安心と満足をいただける商品とサービスを提供します。
(2)お客様との取引にあたっては、必要な情報を正しく提供し、契約・約束は誠実に履行します。
(3)車両を安全かつ快適に使用するために必要な情報をお客様に積極的に提供します。
(4)お客様の個人情報その他の重要情報は適切に管理します。

〔地球環境・地域社会〕
(1)低燃費・低公害車両の普及、ならびに整備技術の向上に努め、お客様の車両を通じて環境負荷の低減を図ります。
(2)省エネルギー・省資源、および廃棄物の削減・適正処理等に努め、循環型社会の構築に寄与します。
(3)業務により発生する騒音・振動や汚水・汚染物質等を適切に管理し、地域環境の保全に努めます。
(4)地域社会とのコミュニケーションを重視し、交通安全や環境に関わる有益な情報を提供するとともに、地域の美化、
   安全、活性化などに貢献する活動に努めます。
(5)反社会的勢力に対しては、関連諸法令に基づいて毅然たる姿勢で臨みます。

〔取引先〕
(1)取引にあたっては共存共栄を旨とし、契約は誠実に履行します。
(2)当社及び従業員は取引先に対し不当な利益を求めず、また与えません。

〔従業員〕
(1)職場環境や業務システムの整備に努め、従業員の肉体的・精神的健康の維持と増進を図ります。
(2)継続的な教育訓練により、業務に必要な知識と能力の向上を図るとともに、従業員の自己啓発・相互啓発に対して
   積極的な支援を行います。
(3)事業に関する情報は可能な限り従業員に開示し、会社と従業員の意見交換を推進します。
(4)従業員の実績及び能力について公平性ある評価と処遇をします。

平成27年6月16日

宮崎トヨペット株式会社
代表取締役社長  百野 正剛

  1. CSR基本方針